「ユークロマを使うと赤みが出る?」の真相

口コミでは「ハイドロキノン配合の美白化粧品を使用で、赤みが出たり、肌荒れしたりという副作用がある。」とネット上での書き込みを見る事があります。
実際、使用を続けていても何も症状の出ない人もいますが、なぜ赤みは出るのでしょうか?

ハイドロキノンの成分

ハイドロキノンは、写真家の人の手が白くなる事から生まれた美白成分です。
これは写真の現像作業に使用する還元剤、染料やゴムの酸化防止剤として使用されてきたものとしてハイドロキノンが使用されていました。
現像液に手を浸す事から手が白くなっていることから美白効果があると発見され現在では美白化粧品に配合されています。

米国では歴史のある美白成分ですが、美白効果が高い分、赤みや肌荒れといった副作用も心配されていたため、日本ではまだ馴染みが浅く配合についても厳しく制限されています。

ハイドロキノンの効果

美白対策は、ビタミンC配合の化粧品やサプリメントなどが多く販売されていますが、できてしまったあとのシミを消すものはありませんでした。そこで注目されたのがハイドロキノンです。
日本では医薬品の広告は難しい事もあり、美容クリニックでは秘密の美白クリームとして使用されていましたが、ネットの普及でこの秘密が明らかになってきました。

ハイドロキノンは、メラノサイトに直接働きかけ、メラニン色素の生成を抑制しているので、既にあるシミを薄くしてくれるのです。ただし、赤みなどの副作用がでることがあります。では、なぜ赤みや肌荒れになってしまうのでしょう?

ハイドロキノンのデリケートゾーンへの使用

ハイドロキノンの美白効能はクスミやシミの原因であるメラニン色素の発生を防止するので必然的に使用する事により自然に元々の肌色に近づいてきます。

日ごろから日焼けをしている人ほど効果が強く感じるので、白抜きのようにお肌が斑(まだら)に白くなる場合があります。

これらは塗り方には注意が必要です。例えばハイドロキノンの使用の仕方としては、

1.シミがある所だけにピンポイントに使用する。

2.全体的に広く使用する事で効果があった場所とのコントラストが出ないようにする。

ハイドロキノンの成分量

敏感肌でも美肌ユークロマ

ハイドロキノンは一部のユーザからは副作用を感じる人がいるようです。
もちろんお肌への相性もありますが、成分濃度も気にする必要があります。

このハイドロキノンの濃度は高すぎると効果は高いのですが、ご自身のベストの濃度を知る必要があります。

濃度が高いと副作用が出る場合で、強く出る場合もあり、効果が強すぎて斑(まだら)状にいろ抜けがされてしまう事もあります。

まずは、ハイドロキノンは初めての人は4%が濃度から初めて徐々に濃度を高くするか、塗る頻度を多くするなどが利用のテクニックですね。

ハイドロキノンによる赤みの原因

できてしまったシミを消す効果を持つハイドロキノンですが、人によってはヒリヒリした症状や、赤みやかぶれなどの炎症を起こすこともあります。

中には化粧品成分としてハイドロキノン以外の成分が含まれている事が原因の場合があります。

特に、濃度の高いハイドロキノン配合の化粧品を使用する際は、使い始めに、赤みが出やすいと言われています。このハイドロキノン使用による赤みは、肌に浸透していてシミまで届いているという効果の現れで、医学的には「好転反応」と言われます。

ハイドロキノンで赤みがでたら?

ハイドロキノンの使用による赤みは、2~3日ほど使用を停止すれば徐々に引いてきます。その後、少しずつシミが皮ごと剥がれていくため、肌荒れのような症状に思えるかもしれません。そして、赤みが少しずつ引いたら使用を開始してもよいでしょう。

このように、繰り返しているうちに皮膚が新しいサイクルを作り、シミも薄くなってきます。肌にもハイドロキノンに対する免疫ができ、赤みが出にくくなります。

ハイドロキノンは、繊細な成分です。分子レベルが不安定なものを使用することでアレルギー反応による赤みやかぶれがなかなか引かない場合は、医療機関への相談をおすすめします。

ハイドロキノンを安心して使うには

まず使用する前に、二の腕などの皮膚の柔らかいところで24時間のパッチテストを行い、アレルギーによる赤みやかゆみなどが出ないかを確認後、使用を開始するようにしましょう。

使用する際は、必ず洗顔で汚れや余分な皮脂を洗い落とし、清潔な肌に化粧水などの水分を与えた上で使用するようにしましょう。

成分が劣化しないようにきちんと保管する

また、ハイドロキノンは熱や光に弱く、酸素と結合しやすい成分です。開封後はしっかりと密封して冷蔵庫で保管しましょう。劣化したハイドロキノンを使用した場合も赤みや、かぶれがでやすくなります。

この赤みやかぶれは、好転反応ではありませんので注意しましょう!ハイドロキノンの色が茶色っぽくなっていたら、劣化している可能性がありますので使用を停止しましょう。

使用の際は紫外線対策も忘れずに

ハイドロキノンを使うときは紫外線対策が欠かせません。ハイドロキノンによってメラニン色素が抑制されているため、肌はむき出し状態です。必ずSPF20以上の日焼け止めを塗りましょう。

安定したハイドロキノン

業界最高安定レベルのハイドロキノン濃度4%を配合したピンポイントクリームを取り扱っています。高濃度のハイドロキノンが使用されていると聞くとお肌へ負担が気になるかもしれません。

しかしピンポイントクリームはお肌に低刺激。その理由を見てみましょう。

酸化しにくいチューブタイプ

ハイドロキノンのクリームは酸化しやすいため空気に触れにくいパッケージが必要です。
そこで最も適切なのはチューブタイプです。

シミの予防も忘れずに!

できてしまったシミには、高濃度ハイドロキノン配合のお肌にやさしいピンポイントクリーム!

とはいえ紫外線を浴びる限り、新しいシミはできてしまいます。美しい肌をキープするためには、シミの予防が不可欠。ハイドロキノンを使用中はお肌の抵抗力が落ち日焼けしやすくなるとも言われていますので日ごろから日焼け止めクリームの使用が必要です。

美白、しみ、そばかすで悩む女性を美肌に導く
タイトルとURLをコピーしました